笑福亭鶴笑の近況など。


by kakushow

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2回目の笑子勉強会

お客さんの入りはほぼ満杯。笑子は最初のネタをコメディークラブで受けてる「忍者ニッキ」に変えた、まずまずの出来。そして僕は紙きり芸を紙きりショーにしてギャグギャグでつないだ、これがなかなかハマリ新しいパターンができた。そして笑子の英語落語「zoo」できは良いんだけど楽しい雰囲気に持っていけてないのでまだ大きな笑いが取れない、でも今回はオチで笑いがドットきた。笑子のアイデアで従来のオチは英語の言い回しではしっくりいかないので、「あんたは幾らで雇われてんの」に変えてやったのが成功した。一歩一歩着実に進歩している、ブライトンのコメディーフェスティバルに向けてガンバレガンバレ!
[PR]
by kakushow | 2006-02-26 15:33 | Trackback(112) | Comments(71)

初日

ノッティングヒルのインオンザグリーンというライブハウスでの一回目の笑子の落語会。客席はキャバレースタイルというテーブルを囲んでのセッティングで照明は暗めという落語にはあまり適してないがこのスタジオのやり方なので仕方ない。今回は僕も含めてお客さんとの歯車が少しずれたまま進んでしまい、爆笑の会にはならなかった。でもでも良い勉強になった、2回めはパワーアップしてメチャクチャ笑わすぞ~!
[PR]
by kakushow | 2006-02-22 15:27 | Trackback | Comments(101)

最終チェック

笑子のネタの仕上げ。パペット落語「桃太郎」、人形が物から人間になってきて安定してきた。オチをいった後の処理を少し教えるくらいで後はなかなか良い作品に仕上げていた。落語はデからハケまでが一つの作品です。英語落語「動物園」、カミシモが違ってたのと目線がおかしい、本当はこの位置でも芝居ではこの位置になると芝居のうそを説明し違和感のある場面を修正。一番教えるのに苦労するのはマの取り方、このくらいマを空けなければというこのくらいはお客さんとの呼吸もあるし会場の広さもあるので難しいもんです。人物のキャラをそれぞれ面白く演出して仕上げてきているので笑いは取れると思う、後は場数を踏んで舞台になじんでいけば大丈夫だと確信できた。本番が楽しみ!
[PR]
by kakushow | 2006-02-19 15:50 | Trackback(79) | Comments(921)

笑道、

久々に北京大学の大学院に芝居の勉強に行ってる弟子の笑道から電話があった。9月に博士号を取って卒業できるらしい。ついに博士の落語家が誕生します、卒業後は師匠主演の映画を作りますと嬉しい事を色々伝えてくれた。一緒に台本作りをして下さいとの事、今年は北京公演も計画しなくては!
[PR]
by kakushow | 2006-02-16 14:50 | Trackback(5) | Comments(17)

バースデーパティー

カムデンのスポーツセンターでの6歳のお子様の誕生パーティーの仕事にいった。15人くらいの可愛い会で、手遊び 福笑い 腹話術 マジック 皿回し など参加型の演芸で楽しんでもらいました。イギリスではこういったパーティーの仕事が多いようです、ハッピ着て歩いてるだけで「芸人さんですか、名刺ください」「何処に連絡したら来てくれるの」とか声を掛けられました。新しい仕事の幅が広がりそうです。
[PR]
by kakushow | 2006-02-07 13:35 | Trackback(3) | Comments(19)