笑福亭鶴笑の近況など。


by kakushow

<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

あやめ 鶴笑 染雀

a0066915_415391.jpg
[PR]
by kakushow | 2006-06-29 04:07 | Trackback(150) | Comments(56)

スピーチコンテスト

大使館でおこなわれる日本語スピーチコンテストにゲスト出演した。スピーチの内容はそれぞれの工夫があり、イギリスの子供達の物の考え方や価値観がわかって面白かった。会場は緊張感に包まれた雰囲気でやりにくかったけど新しいパターンの紙きりパホーマンスで何とか笑いになったが、途中の紙を切ってる間のトークが日本語のように笑わす事ができないのが辛い!笑いがきた新ネタは1、切って作った馬のお尻からゆっくりウンチがおちてくる 2、切ったアニメキャラの目が自由に開く 3、切った鳥が目の前で飛び出していなくなる、などなど左甚五郎もビックリ!のオリジナル紙きり芸が出来上がってきた。
[PR]
by kakushow | 2006-06-25 03:17 | Trackback(176) | Comments(6)

学校公演

ロンドンから高速で40分くらい離れたバッキンガムの女子学校に公演に行った。久々のカントリーサイドでイギリスの綺麗な自然を満喫できた、生徒も明るくて楽しい雰囲気の中での演芸はやってても楽しくあっという間の40分だった。ステージがこんなに楽に感じられるようになったのは、やっぱりストリートで日々もがいてる成果だと思います。ストリートではこんな事してて落語の何の為なるんやろとたまに考えてしまう時があるけど、無駄じゃないことが身体で感じられるようになってきた。きついけど根性でストリートも続けるぞ~っと!
[PR]
by kakushow | 2006-06-24 01:47 | Trackback(210) | Comments(162)

侍スタチュー

今日は久々に侍スタチューをやってみた。なれたネタなので最初からお客さんをつかむ事ができ一緒に遊んだり写真を撮ったりして楽しく一日が過ごせた。笑いというものは不思議なものです、侍スタチューのような笑わす気はなくて怖い顔して脅かしてるだけなのに皆凄く笑ってたのしんでくれるパターンもあります。帽子の中にお金を入れに来る人の邪魔をすれば逆に面白がってドンドンお金を入れに来る。こういう攻撃的な笑いがロンドンではうけます、帽子の中はいやらしいほど入ったので今日は書きません。ロンドンにストリートパホーマーは沢山いますが不思議と日本人、もっと大きな枠でアジア人でみてもやってる芸人がいません。落語のように話芸なら難しいのは解るけどパホーマーは根性だせば世界で勝負できるはずです、どんどん海外にでて日本のパワーを見せ付けてほしいです。同じ心ざしの仲間が沢山いれば大きな事できるのになぁ、、、。
[PR]
by kakushow | 2006-06-17 02:57 | Trackback(2) | Comments(5)

新ネター風のスタチュー

a0066915_7144621.jpg
[PR]
by kakushow | 2006-06-13 07:15 | Trackback(134) | Comments(1836)

新ネタ

ロンドンも暑い毎日が続きストリートの季節になってきたので久々にウォータルーでパホーマンスをした。ここはコベントガーデンのように野外ステージがないので客が流れて難しい、風もきつくて紙きりのような芸はやりにくいので風を見方にする新スタチュー「台風の目」をやってみた、お客さんは国別で反応が違うのが面白かった。何故かインド系の人にハマリ、写真を撮られまくられグレイトだと口々に誉められた。無理な姿勢のスタチューなので足腰がもたず今日は1時間くらいでやめた、本日の帽子の中は17ポンド32ペンスと1ユーロが入っていた。このネタはいけそうな感じ!
[PR]
by kakushow | 2006-06-11 00:03 | Trackback(4) | Comments(24)