笑福亭鶴笑の近況など。


by kakushow

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あせるわ~!

嫁と子供はゆっくり地味に勉強してるので亀だと思ってました、僕は海外にぴょんぴょん飛び出して派手に仕事をしてるのでウサギと感じてました。ところが最近子供は学校で一人しかもらえない校長賞をもらってきました、賞はイギリスの子がもらえてアジア人なんか絶対もらえないと思っていただけにビックリです。嫁は塾に行きだしました、聞くと数学の、それも教えに行ってるんです、イギリス人に英語で!なななにぃ~!!!そして弟子の笑子は毎月英語落語の勉強会をコメディークラブで始め、英語落語のネタを毎月増やしています。私はなんちゅう哀れなウサギちゃんなんでしょう、、亀さんはとっととゴールへむかってました。よ~うし、僕も何か新しいことをするぞ~!!ほんとにするぞ~!昔は言う前にしてたのになぁ~、、、。
[PR]
by kakushow | 2007-04-25 21:45 | Trackback | Comments(19)

イギリス学校公演

サウスヨークシャにあるケレスホース・プライマリースクールでの学校寄席公演。朝9時ロンドンのキングスクロス駅から列車に乗り3回も電車に乗り継ぎ12時過ぎにサウスヨークシャに着いた。小さな山に囲まれた緑多い静かな町でした、校長先生の旦那さんが駅まで迎えに来てくれててアットホームな感じ。学校では天気も良く沢山の生徒が外で遊んでいた、日本人は珍しいので皆興味深く近寄ってくる。今回は低学年に絞って100人くらいの生徒対照にやる事になった、体育館にテーブルを置いて毛氈と座布団で高座にしあげた、舞台が低いので生徒は地べたに座ってもらった。笑子の落語紹介と落語ワークショップは難しい内容にも係わらず積極的に参加してくれて盛り上がった、紙きり、腹話術、パペット落語は爆笑爆笑で大成功。ひねったギャグははぶきベタねたで押し切ったのが成功した、やはりベタは世界共通だ!最後に異文化を理解しあって世界が平和になる事を私たちは願っていますと〆たら先生から惜しみない拍手がきた。我々のような外国人を呼ぶと言う事の意味がここにあるような気がします。
[PR]
by kakushow | 2007-04-21 20:25 | Trackback | Comments(0)

笑子のプチ落語会

弟子の笑子の月一回の英語落語の勉強会が15日ノッティングヒルの「インオンザグリーン」というコメディークラブで初日をむかえた。開演時間なのに笑子の近所に住んでいる日本人のフアミリーだけ、、、。告知は店のチラシと日本語フリーペーパーに載せたくらいなので少ないとは思っていたけどピンチ!15分くらい遅らせて始めた、客は20人弱だった。最初に挨拶、三枝師匠に買ってもらった着物姿はやはりお母ちゃんの着物と違って落語家にみえる。次にチャァリーのパホーマンス、さすが爆笑にしていた。最後に笑子の「テングサバキ」落ち着いてどうどうとやっていた、笑いもつぼつぼで来てたしオチもきまった。笑いの大きさではチャリーには敵わなかったけど、笑子のほうがいいものを見たという充実感があった。これは芝居を一人で演じきったてんか、想像力でのスケールの違いか、、、?古典落語の伝統と底知れぬパワーを感じた!もももちろん本人の努力も大きいです。
[PR]
by kakushow | 2007-04-16 14:42 | Trackback | Comments(13)

ドミニカ共和国公演

今回は大阪の3日間の寄席興行、ドミニカ共和国公演、報告会と充実した旅でした。しかしドミニカ共和国は遠かった、伊丹~成田~ダラス~プエルトリコ~サントドミンゴと経由しながらの長旅でした。翌日から公演、障害者施設、学校、病院、老人ホーム、日本人補修校、jicaなどなど。公演後は子供達にかこまれて帰る車が動かせないほどの盛り上がりでした。現地の新聞やテレビの取材、前副大統領までも見にきて下さり大成功!日本の文化の普及と理解を深め平和の文化交流、国際貢献ができました。最終目的の日本人居住地は山越え谷越えで車で3時間の道のりでしたが皆様のあたたかいお出迎えで楽しいふれあい演芸会ができました、沢山たくさん笑ってもらえました。公演終了後は皆さんの持ち寄りの手料理(チラシ寿司、コロッケ、煮しめ、筑前煮、おはぎ、漬物、おひたし、出汁まきなどなど)で歓迎して頂き涙がでるほど嬉しかったです。皆さんが助け合って生きておられる姿に感動しました。世界中の国のどんな場所にも人が住んでる所に大切な故郷があるのです、2世3世がこの土地でたくましく生活してる姿をみて勇気をもらいました。帰りにお婆ちゃんが皆さんが植えた小さな木を指差して「あの桜の木が大きく育って花を咲かす頃にまた帰って来いよ、、」とそっと優しい声でいってくれました、、、、、。ここには僕の育った時代の日本がそのままあった、山間の小さな村、近所の人が助け合っての農作業、手作業、馬や牛で田んぼを耕していたころの。お爺ちゃんに肩車してもらってホタルを取りにいってたなつかし~い思い出とだぶり、すなおな気持ちになりました。
[PR]
by kakushow | 2007-04-11 21:52 | Trackback(1) | Comments(19)

無事帰国

ドミニカ共和国+ニューヨーク公演は大大大成功でした。本当にすごいスゴイ凄い!!感動的な出会いが沢山沢山ありました、、、、今は思い出に浸らしてください、後日詳しく報告します。
[PR]
by kakushow | 2007-04-05 23:01 | Trackback(7) | Comments(29)