笑福亭鶴笑の近況など。


by kakushow

<   2012年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ボランティア落語会(19)

神戸の老人ホーム、パーマリィ.イン西神春日台に行ってきました。ここは凄い豪華な感じの老人ホーム。玄関入ると畳敷の大きなロビー、温泉旅館のようなゆったりとした空間。左奥の舞台前には上品なおじいちゃんとおばあちゃん50人くらい。開演して最初はかたかったけど、徐々に大きな笑いに変わっていった。今日は古典落語「平林」と紙切り、玉すだれ、パペット落語「西遊記」。終わってから、落語はかたいイメージでしたが全然違って楽しかったですってスタッフに言われた。まだ落語を難しいもの、かたぐるしいものと勘違いされてる人がたくさんいてるなぁ。落語は娯楽ですよ。楽しい落語を見てもらう為にも、この活動つづけなくっちゃ!

kakushow.jp
[PR]
by kakushow | 2012-03-30 17:39 | 2012ボランティア落語会100! | Trackback | Comments(0)

ボランティア落語会(18)

奈良県のいこま駅前クリニックのデイサービスセンターでの落語会。他のセンターのホームページを見て応募して頂いたようです。少しずつですが広がって嬉しいです。今日は30人くらいの元気なおじいちゃんおばあちゃん。一番前のおばあちゃんいきなり立ち上がってどっかへ歩いていった。暫くしてもどってきてまた笑ってた。何か音がすると皆さん音の方をみる。こちらも堂々と構えてやらにゃ良い仕事はできません。今日は落語紹介(小噺、しぐさ)、古典落語「酒のかす」、紙きり、玉すだれ、古典落語「あたま山」+人形。50分くらいの出し物だったけど、ここの空間は、このくらいのゆったりがじっくり聞いてもらえてええかな。自分では物たりさを感じるがその場その場の空気に合わす方が良い。こんな本格的にやってもらえるとは思っていなかったと喜んで頂いた。本気でやらにゃ、お爺ちゃんお婆ちゃんは笑ってくれない。毎回丁寧にわかりやすい演出を心がけて、優しい笑を提供できるように努力しているんですよ。
[PR]
by kakushow | 2012-03-29 15:37 | 2012ボランティア落語会100! | Trackback | Comments(0)

ボランティア落語会(17)

神戸市のデイサービスセンター「まほしの里」。のんびりした空間に30人くらいの爺ちゃんと婆ちゃん。雰囲気みて今日は古典落語を名人口調で語りました(笑)。ええ感じ(^_^)。場所場所の水にあわねばって師匠言ってたなぁ。そこに合う芸、そこに合うリズム、そこに合う喋りがあるんや。ガンガーンと笑を取りにいくことだけ考えてつっぱしってたけど、、。の~んびりとした笑の必要な場所もあるんやなぁって感じた。皆さん幸せそうな顔してくれてた。いろんな笑考えてみよーっと。
[PR]
by kakushow | 2012-03-26 18:12 | 2012ボランティア落語会100! | Trackback | Comments(3)

ボランティア落語会(16)

今日は姫路の長久病院。ここもラジオ聞いて申し込んで頂いたようです。三代澤さんのABCの番組関連で沢山のご応募がありました。三代澤アナに感謝です。今回は病院のリハビリ室で、患者さん、看護士さん、お医者さんなど沢山の人で楽しい時間を過ごせました。しかし今日は前に座ってたお婆ちゃん達が、しょちゅう話しかけてくるんです。客席と漫才しながらの進行でした。話を聞いたり、ツッコミ入れたりの触れあいも大切ですね。じょうずや、じょうずやーって、頭なぜてもらいました(#^.^#)。
[PR]
by kakushow | 2012-03-16 16:18 | 2012ボランティア落語会100! | Trackback | Comments(0)
今日は大阪の八尾市と柏原市のデイサービスセンターの二カ所。
老原デイサービスセンター愛の輪。
手作りの大きな鶴笑歓迎の看板が壁に張られていた。嬉しい、期待して頂いてる証拠だ。職員さんの優しい配慮に感謝。期待に応えなきゃって力が入って頑張れた。ここは職員さんが若い。そして明るい楽しくやれました。終了後は職員さんと記念写真嬉しかった。
国分デイサービスセンター愛の輪。
ここも、優しいスタッフが迎えて下さり安心してやれた。段々とやり方もわかってきてユッタリできるようにはなってきた。介護士の人には優しいオーラを感じるのでこちらもリラックスしてやれる。スタッフの方とゆっくりお話しして苦労話を聞いてみたいな。オーナーが僕にお風呂入って帰りますかって聞いてきたが、何か恥ずかしいので断わった。別に洗ってもらうわけでもないのにね(笑)

しかし連日の公演は腰にきます。今日は1時間の公演を、立て続けに二回。さすがにクタクタです。普通の落語と違って毎回体力勝負ですから。明日は少しやり方変えて、ゆる~い感じでやってみようかなぁ。ゆる~くやって、いい笑が生まれれば最高なんだけど、まだまだ道のりは遠い、100カ所達成までがんばるぞー!
[PR]
by Kakushow | 2012-03-15 17:38 | 2012ボランティア落語会100! | Trackback | Comments(0)

ボランティア落語会(13)

今日は奈良県の阪奈中央こぐま園です。0才児から5才児の子どもたち70~80人。0才児の10人も参加。ドキドキワクワクで、めっちゃ不安。でも何の心配もいらんかった。最初からガンガン笑ってきた。顔と仕草をオーバーに面白くやれば、同じ事を何回やっても笑ってる。落語の小噺、仕草、お笑い手品、子ども参加のジャグリングと皿回し、紙きり、子ども参加の玉すだれ、皆んなキャキャ言うて遊んでくれる。最後はパペット落語。もう何か、仮面ライダーショーをやってる感じ。皆んな大きな声でガンバレ!ガンバレ!と応援してくれる。子ども達は素直で可愛い。凄い盛り上がりだった。1時間集中力もってくれるかなぁって思ってたけど、あっちゅう間やった。なななんと、0才児も1時間見てた。足をバタバタさせながら笑ってたらしい。
子どもの笑顔は宝物や!子どもは毎日笑わにゃいかん!我々大人が子どもが安心して笑える社会にしなくちゃいか~ん。子どもの笑いは平和の証です。
[PR]
by kakushow | 2012-03-14 21:52 | 2012ボランティア落語会100! | Trackback | Comments(0)
今日は、兵庫県加西市のデイサービス。障害者支援施設ナーシングピア加西とNPO法人くつろぎの二ヶ所で落語会をやらせてもらいました。命にかかわる事を優先しなければならないので、娯楽の予算が組めず苦労してるそうです。食べる、排泄、お風呂、、、リハビリ。毎日大変な事をやられてます。スタッフ皆様の少しでも気分転換にもなれば嬉しいです。利用者の方と一緒に笑って頂き元気になってもらいたいです。共通して言われた事は、笑わないと思っていた人が笑ってビックリしたとのこと。笑うとあんな顔なんやと嬉しそうに話してくれました。笑を必要とされる場所に、笑を届けたい。今は手探りで訪問してるけど、もっと簡単に気軽に呼んで頂けるシステムはできないのかなぁ、、。
[PR]
by kakushow | 2012-03-13 22:54 | 2012ボランティア落語会100! | Trackback | Comments(0)

ボランティア落語会(10)

神戸市の青陽東養護学校の高等部の生徒さん。皆礼儀ただしくて、可愛かったなぁ。
落語紹介ー小噺笑ってたなぁ。紙切りー皆作業場で物作りしてるから興味しんしん。拍手拍手。
玉すだれー生徒さん舞台に上げてのワークショップ。沢山あがって来てくれたよ。楽しかった。
パペット落語ー西遊記、皆すごい拍手と大きな声での応援。盛り上げてくれたなぁ。
終了後、校長室。先生方は: あんな暴れる子がおとなしく舞台に立つなんて!いつも寝る子なのに聞いてわらってた!登校拒否で、何も参加しない子が舞台に上がって玉すだれしたのはビックリです!
先生の知らない生徒の才能や可能性が、一緒に笑って楽しむ事で表に出てくるんです。笑の力は、想像を超えた何かがある気がします。お役にたてて良かった。少しでも、内面に秘めた才能が開花される力になれば、嬉しいなぁ。行ってよかったと思える舞台を毎回れるようガンバ!
[PR]
by kakushow | 2012-03-09 20:18 | 2012ボランティア落語会100! | Trackback | Comments(0)

ボランティア落語会(9)

今日は、大阪の豊中あいわ苑デイサービスセンターでした。100人のお爺ちゃんお婆ちゃん。反応は相変わらずの不完全燃焼。寄席にくるお客さんと比較しては駄目だとわかってるんだけど、同じくらいの反応を期待してしまう。職員の人は「喜んでましたよ、理解して笑ってましたね。あんなに耳が聞こえるの知らんかった」ってビックリしてたけど、大きな笑いは感じられなかった。帰りに100人全員と握手してたら、ありがとう楽しかったって泣く人が何人かいた。お年寄りの喜びは笑いの大きさと比例しないかもしれない。優しい笑い。微笑みの笑いもあるかもしれない。施設に通われてる人の求めてる笑いは、元気な寄席のお客さんとは違うかもしれない。いろいろ場数を踏んで勉強会していかなければ。
[PR]
by kakushow | 2012-03-02 17:07 | 2012ボランティア落語会100! | Trackback | Comments(0)

ボランティア落語会(8)

兵庫県の特別養護老人ホーム「なでしこ神戸」。手作りの舞台は、温かくて嬉しい。高さはバッチリで、広さは座布団とほぼ一緒。落ちそうやったけど、それがまた楽しい。ユックリしゃべったけど、お婆ちゃんお爺ちゃんの半分が理解して半分が理解してない感じだった。音楽も使った方が良いかな。お爺ちゃんに人形の目ん玉を電飾チカチカの派手にしなさいってアイデアもらいました(^_^)。どんな笑いがお好みなのかなぁ。参加してもらいながらの落語にしたほうが良いのかなぁ。体操とか歌とか、、。
[PR]
by kakushow | 2012-03-01 19:40 | 2012ボランティア落語会100! | Trackback | Comments(0)